妊娠線は治療すれば綺麗になる|ママの悩みを払拭

医師
お腹

体にできた線を消すために

できてしまった妊娠線はクリームで消すことが不可能なため、美容外科・皮膚科などのクリニックに訪れて、しっかりとした治療をお勧めします。クリニックでは簡単な検査を受けた後に、治療方法を提示されるので、説明に納得できたのなら綺麗に除去してもらいましょう。

カウンセリング

お腹の線を綺麗にしよう

妊娠線の治療方法として、クリニックでのレーザー治療があります。皮膚科などで受けることができるため、美容皮膚科などで相談してみましょう。複数回レーザー治療を受ければ、だんだんと妊娠線が薄くなります。

いつも綺麗でいるために

妊婦

プロの力を借りて

妊娠線は妊娠が進んでいることで体の各部分が大きくなり、皮膚がその変化に追いつかず断裂してしまうものです。妊娠によりホルモンのバランスが崩れて、肌の保湿力が低下してしまうことも原因にあります。妊娠線の予防のために保湿クリームなどで対策を行っていても、臨月が近づいてくると一日で妊娠線を発症させてしまうことがあります。出来てしまった妊娠線は、色々な方法で消すことが可能です。プロの力を借りてレーザー治療を受けることができます。美容皮膚科などと同じような目的で行うレーザー治療ですが、肌にレーザーを当てることでコラーゲンを再生します。そして肌の皮下組織が再生され、妊娠線を有効に消し去るという方法です。コラーゲンを再生させるので、妊娠線を消す他にも美肌の効果も感じられる嬉しい治療です。肌を切開することがなく短時間で治療できるので、気軽に受けることができるというメリットがあります。もう一つの方法はできてしまった妊娠線の部分にメスを入れて、断裂した皮膚を縫い合わせて幅を狭くする方法です。完全に消えることがなく細い線のような形で残ります。元の妊娠線よりは確実に目立たなくなります。これは肌を切開する方法なので傷ができ、しっかり治るまでには時間がかかります。自分で直せなくても専門家の力を借りて目立たなくすることができます。そのため妊娠中から妊娠線の対策を行っていてもできてしまった時には、仕方がないと諦めることはありません。

カウンセリング

意識したい妊娠線

皮膚には3つの層でてきており奥の真皮は再生しにくいと言うでクリームやマッサージは効き目が少ないそうです。妊娠線にはレーザー治療法、炭酸ガス治療法が効果があると言う事です。ご自分が一番いいと思う治療法を試すのが大切です。